2007年09月03日

暑い筈です

 気象庁は、この夏(6〜8月)の天候をまとめた。
 7月下旬から8月にかけて全国29道府県の101地点で各地点の最高気温が更新されたという。

 国内最高気温の40.9度を記録した埼玉県熊谷市や岐阜県多治見市をはじめ、北海道函館市や和歌山市などで最高気温を観測したそうだ。
 8月13〜16日に81点が記録を更新したという。

 8月中の猛暑日(35度以上)の日数では、熊谷市(19日)や富山市(14日)で月の最多記録を更新した。
 また北海道苫小牧市では観測史上初めて猛暑日となった。

 8月の平均気温は東京都心が29.0度で観測史上2番目、大阪市29.9度、福岡市29.4度、名古屋市29.1度はいずれも3番目の暑さだった。

 最新の1カ月予報によると、平均気温は高いものの数日周期で天気は変わり、残暑があっても長続きはしないという。
posted by ひで at 22:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。