2007年09月15日

台風が九州へ

 非常に強い台風11号は昨日、沖縄本島の南の海上を北西に進み、同日夜に本島が風速25メートル以上の暴風域に入った。
 福岡管区気象台などによると、勢力を保ったまま進路を北東に変え、16〜17日に九州の西海上を進みそうだという。

 気象庁によると、本日午前0時現在、中心気圧は945ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径90キロ以内が暴風域となっているそうだ。

 11号の接近に伴い、那覇空港の発着便で欠航が相次ぎ、日本航空グループは福岡、東京や離島などと結ぶ計53便が欠航となった。
 全日空グループも計54便を欠航し、スカイマークは羽田―那覇の2便の運航を取りやめた。
 本日も全日空が那覇―福岡便の一部欠航を決めた。
posted by ひで at 09:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。