2007年09月29日

中国から朱鷺2羽

 環境省は昨日、今年4月の日中首脳会談で中国の温家宝首相が日本のトキ保護のために贈ると表明していたトキ2羽が10月後半にもやって来ると発表した。
 日本国内では野生のトキは絶滅、99〜00年に中国から贈られた3羽をもとに、新潟県の佐渡トキ保護センターで人工繁殖が進められ、現在107羽まで増えている。
 ここに新たに2羽加わることで、過度な近親交配を避けられ、繁殖が安定することが期待されるという。

 また、03年以降に日本で繁殖に成功したトキ13羽を中国に返還するため、同日、同センターで隔離検疫が始まった。
 鳥インフルエンザなどが陰性と確認できれば、10月後半に移送するそうだ。

 両国間の取り決めで日本で増えたトキの一部は中国に返すことになっており、これまでに5羽返還されている。
posted by ひで at 19:02| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。