2008年03月08日

浄土宗と戦争

 京都に本部を持つ浄土宗は、宗派として初めて、戦争に協力してきた近現代史の検証作業を本格化する事を明らかにした。
 今後、検証を進めたうえで、あらためて戦争加担をわびる方針だそうだ。
 終戦から63年が経過し、ようやく戦争責任を自らに問うことになるという。

 浄土宗は戦前、戦闘機を陸軍に献納したり、中国、朝鮮で戦意高揚を図る巡教を実施するなど「戦時教学」の名のもとに戦争に協力してきた歴史を持っている。
 戦争協力は他宗派でもあったが、浄土宗では、戦後に宗派が分裂するなどの理由で検証作業が進まなかったという。
 稲岡康純宗務総長(75)は「過去の一時期、共生が本来と違う意味で流用されたのは事実だ。近現代史の中で検証され、理解が進むように宗派として考えたい」と話している。

 伝統仏教教団では、真宗大谷派が初めて1987年に宗派の戦争責任を認めた。
 また浄土真宗本願寺派や曹洞宗、臨済宗妙心寺派などでも戦争協力に反省や謝罪を表明している。
 さらにキリスト教団では、67年に日本基督教団が「戦争責任告白」を発表した。

posted by ひで at 12:39| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88729576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。