2008年03月15日

玄海島で中学の卒業式

 2005年3月の福岡沖地震で被災した福岡の玄界島で昨日、玄界中学校の卒業式があった。

 野原雅彦校長(60)は「波乱の3年間の中、たくましく成長した」と贈る言葉を述べ、生徒はそれぞれ答辞を返したそうだ。

 同震災後に卒業式が開かれるのは初めてで、7人が巣立ちの日を迎えたという。


posted by ひで at 09:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89639201
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。