2008年06月08日

京都市動物園で虎が飼育員噛み殺す!

 京都市動物園で、飼育員の男性(40)がトラに襲われて死亡した事故で、死因は京都府警川端署の調べで首の骨折とわかった。
 飼育員はトラの侵入を防ぐ扉が開いた状態でトラ舎の寝室に入り、隣室から移動してきたトラに襲われたとみられ、同園は扉を閉め忘れた可能性があるとの見方を強めている。
 同園はトラ舎で、アムールトラのオス・ビクトル(11歳)と、メス・アオイ(3歳)の2頭を飼育しており、トラ舎は東西2区画ある寝室とグラウンドのほか、各区画を結ぶ内部通路からなるという。

 園によると、飼育員はトラ舎の清掃やえさやりのために東側の寝室に入室し、その際、アオイは隔離されたグラウンドにおり、ビクトルは西側の寝室か通路付近にいたとみられるそうだ。
 しかし東西の寝室と通路を仕切るステンレス製の扉が2カ所とも開いたままだったため、通路を通って東の寝室へ移動したビクトルが飼育員を襲撃し、引きずるようにして西の寝室へ移したとみられる。

 各区画の扉は2階の職員用通路で遠隔操作できるもので、えさを与えたり清掃したりするために入室する際は、必ず各区画を仕切る扉を閉めてトラの侵入を防ぐ決まりになっているそうだが、事故当時、トラ舎にいた飼育員は事故にあった飼育員のみで、扉に故障はなかったという。

posted by ひで at 13:46| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都市動物園で飼育係が死亡
Excerpt: 昨日のニュースになるけど、京都府京都市の京都市動物園で飼育係がトラに襲われて死亡するという事故があったらしい。 動物園の飼育係が動物に襲われるという事故って時々起こる。私の地元の富山県でも、何年か前..
Weblog: ひらりんげんぞう日記
Tracked: 2008-06-08 23:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。