2009年10月18日

加藤和彦さん自殺

 長野県軽井沢町のホテル客室の浴室で首をつって死んでいた男性が、音楽プロデューサーの加藤和彦さん(62)と確認された。

 室内で見つかった2通の遺書には、音楽に対する悩みなどがつづられていたとされ、警察では自殺とみている。

 捜査関係者によると、遺書は、音楽関係者とホテルあてで、印字されており、宿泊前に用意されていた可能性が高いというから覚悟の自殺だった事になる。

 「帰って来たヨッパライ」や「あの素晴しい愛をもう一度」などのヒット曲で知られる加藤さんは、これまでにも多彩な音楽活動を行い、最近まで現役として活躍していた事でも知られている。

 伝説のバンドである「ザ・フォーク・クルセダーズ」解散後はロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を結成し、73年に初アルバムを発表している。
 また海外でも公演し、日本のバンドが世界進出する先駆けとなった事でも知られている。
 さらに、作曲家として、妻だった作詞家の安井かずみさんとのコンビで作った楽曲も多く、映画音楽なども手がけていた。
 ご冥福をお祈りします
posted by ひで at 10:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

やった!神尾さん快挙

 モスクワで開催されている第13回チャイコフスキー国際コンクールのバイオリン部門で、神尾真由子さん(21)=大阪府出身=が優勝したそうだ。
 日本人の同コンクール優勝は4人目で、バイオリン部門では1990年の諏訪内晶子さん以来2人目の快挙となった。

 神尾さんは「本当にうれしい。モスクワに来てから調子がいいのか悪いのか分からなくなり、落ち込んでいた。逃げ出さずに弾いてよかった」と喜びを語ったそうだ。
posted by ひで at 09:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ノックさんを送る会

「あなたはボクの太陽でした…漫才師から参議院議員、府知事から最後は刑事被告人にまでなったノックさん…」と久々に上岡節が炸裂した。
 横山ノックさんを「天国に送る会」で上岡さんが「横山パンチ」として壇上へ上がりコメントをしたのだ。
 上岡節復活を願う声が増える気がする。

posted by ひで at 23:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ミキティ モー娘。を脱退

 アイドルグループ「モーニング娘。」のリーダー、藤本美貴さん(22)が、グループを脱退すると発表した。
 事務所を通じて本人がファクスで明らかにしたものだ。

 藤本さんは先月、写真週刊誌に男性芸能人との交際が報じられ「モーニング娘。としての約束を破る」ことになった責任を感じ、脱退を申し出たとコメントした。
posted by ひで at 10:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

ZARDの坂井泉転落死

 がんの闘病生活を続けているさなか、入院先の病院で死亡していることが明らかになった人気ポップスグループ「ZARD」のボーカリスト、坂井泉水(本名・蒲池幸子)さん(40)は、病棟の避難用スロープの手すりを乗り越える形で、約3メートル下の地面に転落した可能性が高いことが、警視庁四谷署の調べでわかったそうだ。

 所属事務所によると、坂井さんは、最近は早朝の散歩を日課にしていたというのだが・・・。
 同署では、事故と自殺の両面から、転落に至る詳しい経緯を調べている模様だ。

 同署によると、検視の結果、坂井さんの死因は、後頭部を強打したことによる外傷性頭蓋内損傷とみられるという。
 また、避難用スロープには転落を防ぐため、高さ約1・2メートルの手すりが設置されているそうだ。
 発見時、坂井さんは私服姿で、スロープ脇の地面にあおむけで倒れていた事から自殺の可能性も否定できないという。

posted by ひで at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ウルトラマンコスモスがパパに

 人気アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーの辻希美さん(19)が、俳優の杉浦太陽さん(26)と結婚することがわかった。

 双方の所属事務所が明らかにしたものだ。
 2人は友人を通して知り合い、約1年前から交際していたそうで、辻さんは妊娠しているため、当面、休業することになるという。

posted by ひで at 23:20| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

横山ノック氏死去

 前大阪府知事でタレントの横山ノック(本名・山田勇)さんが死去した。75歳だった。
 昭和30〜40年代に漫才グループ「漫画トリオ」の一員として人気を集めた後、参院議員4期を務め、府知事2期目途中で辞職した。
 選挙運動員の女性に性的暴行を加えたとして強制わいせつ罪で起訴され、00年に有罪判決を受けていた。
 その後04年に芸能界に復帰したが、かつて活躍したテレビには起用されず、表舞台に立つことは少なかった。
posted by ひで at 19:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

林家木久蔵師匠新しい名前決まる

 新しい芸名を公募していた落語家の林家木久蔵さん(69)は記者会見し、今年9月から「木久扇」を名乗ると発表した。

 二代目木久蔵は、弟子で長男のきくおさん(31)が襲名し、落語界では初となる父子同時襲名の披露興行を、9月から1年間かけて、全国70か所以上で開くという。

 新しい芸名は、木久蔵さんが出演している日本テレビ系の演芸番組「笑点」を通して募集したものだ。
 インターネットやはがきなどで約3万通の応募があり、最も多かったのが爆笑王をイメージさせる「笑蔵」だった。
 次いで「木」が成長しての「森蔵」、副業のラーメン製造業に引っかけた「麺蔵」などだった。
 しかし応募の中から、2通だった「木久扇」を選んだという。

 木久蔵さんは「羽ばたくように新しい人生が始まるよう、この名前を選んだ。
 『扇』の字を『翁』にとの案もあったが、老け込むような印象があるので、やめた」と笑わせた。

posted by ひで at 11:08| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

飯島愛 やっぱり引退

 タレントの飯島愛さんは昨日、「目標や夢が見いだせず、頑張れないなら(芸能界で)生き残っていくことは不可能。悩みながらも飯島愛というタレントを客観視し、引退を決意致しました」とするコメントを所属事務所を通じて公表し、同日付で芸能界を引退すると正式表明した。

 飯島さんは、昨年から体調不良で仕事を休むことや遅刻が増え、引退を考えるようになったとした上で、「ネットの普及によって、板の上(テレビや舞台)で勝負ができない私には、この先のタレント活動は厳しいものになる」とした。
posted by ひで at 08:33| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

植木等さん天へ

 コミックバンド「クレージーキャッツ」のメンバーとして「スーダラ節」を大ヒットさせ、高度成長期のサラリーマンの悲哀を笑いに転化させた映画「無責任男」シリーズで知られる俳優の植木等さんが本日午前10時41分、東京都内の病院で、呼吸不全のため死去した。80歳だった。
 葬儀は近親者のみで行うという。
 後日、お別れの会を開く予定だという。

 三重県の浄土真宗・常念寺の住職の息子で、小学6年で僧侶の修行のため東京に出た後に、東洋大を卒業し、57年にハナ肇さんが結成した「クレージーキャッツ」に参加した。
 61年にテレビのバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」にグループで出演し、「お呼びでない」などのギャグが当たった。

 この年、「わかっちゃいるけどやめられねえ」のフレーズで知られる、青島幸男さん作詞の「スーダラ節」が大ヒットしている。
 62年の映画「ニッポン無責任時代」(古沢憲吾監督)での「無責任男」は代名詞になった。
 いい加減で底抜けに明るく、要領の良さだけで出世街道をゆくサラリーマンを演じ、時代の寵児になった。

 70年代後半からは性格俳優に脱皮、85年に黒澤明監督の「乱」に出演した。
 木下恵介監督「新・喜びも悲しみも幾歳月」などの演技で、87年に日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。
 著書に父の生き方を描いた「夢を食いつづけた男」がある。
 93年に紫綬褒章、99年に勲四等旭日小綬章を受けた。

 植木のお父さんお疲れ様でした!
 ありがとう!
posted by ひで at 23:34| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

ヒッキー離婚!

 歌手の宇多田ヒカルさん(24)が、写真家で映像作家の紀里谷和明さん(38)と2日に離婚したことを自らのホームページで明らかにした。
 宇多田さんと紀里谷さんは02年9月に結婚したが、宇多田さんはホームページに「国際的な活動をしながらのすれ違い生活の中で、コミュニケーションが不足してしまった」などと記している。
posted by ひで at 09:21| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ベルリン映画祭で桃井かおり監督作品がNETPAC賞受賞

 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界3大映画祭の1つ、第57回ベルリン国際映画祭の授賞式が行われ、最高賞の金熊賞には、家族が生き延びるため夫と離婚すべきかどうか悩む女性を描いた中国の「図雅的婚事」(王全安監督)が選ばれた。
 コンペティション部門への日本映画の出品はなかった。

 また、コンペ部門以外では、桃井かおり監督の「無花果の顔」がアジア映画を支援するNETPAC賞に選ばれた。
posted by ひで at 09:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

紀香と陣内結婚

 女優・藤原紀香さん(35)とお笑いタレント陣内智則さん(32)が本日午後、神戸市の生田神社で結婚式を挙げた。
 雨にみぞれが混じる寒空の中、外部からは一切見えないよう神社外壁などに紅白の垂れ幕を張り巡らせ、約430人の警備員らを配置しての厳戒態勢を敷いた。

 本殿で行われた約30分の挙式は紀香さんが十二単、陣内さんは束帯に身を包み指輪交換が終わると2人で見詰め合ってにっこり微笑んでいたという。

posted by ひで at 22:28| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

必殺復活!

 藤田まことさん(73)演じる仕事人が新たに少年隊東山紀之さん(40)TOKIO松岡昌宏さん(30)関ジャニ∞大倉忠義さん(21)のジャニーズ勢を迎え15年ぶりに復活する事がわかった。
 テレビ朝日が昨日、人気ドラマ「必殺シリーズ」のスペシャル版「必殺仕事人 2007」(放送日未定)の制作を発表した事で判明した。

 今回は南町奉行書に東山さん演じる新たな同心が着任し、はじき出され書庫番となった主人の指示のもと、絵師の松岡さん、からくり屋の大倉さんとともに夜は仕事人に転じるという。

posted by ひで at 08:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレサテンは対中国戦最終兵器だった?

 95年に亡くなった歌手テレサ・テンさんは台湾が中国かく乱に放った秘密兵器だったというフィクション舞台「何日君再来(イツノヒカキミカエル)」が5月に東京・日生劇場で上演されることが分かった。
 筧利夫さん(44)がテレサさんを日本に連れて来る音楽プロデューサー役で日生劇場初主演し、黒木メイサさん(18)が中国の男装スパイ、テレサに中国出身の歌手en−Rayさんが扮するという。
 台湾生まれのテレサさんは「つぐない」「時の流れに身をまかせ」のヒット曲で日本、台湾だけでなく、当時発売禁止となっていた中国でも人気があり「アジアの歌姫」と呼ばれた。
 たしかになくなった当初テレサさんのスパイ説なども流れたが・・・。
 

posted by ひで at 08:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

スマップ中居君結婚報道完全否定

 ジャニーズ事務所は、公式ホームページや公式携帯専用サイト「ジャニーズ・ウェブ」で、SMAP中居正広さん(34)とフジテレビ中野美奈子アナウンサー(27)の結婚情報を完全否定した。

 2人の結婚情報は、昨年末から一部で報道され、今年に入っても、2人が撮ったとされるプリクラと一緒に、ネット上で流布され続けている。

 同サイトでは「最近、中居正広に関してまったく事実無根の大変悪質な情報がネットなどで多数出回っており、中居本人、そして関係者ともども今回の件で、大変困惑し、迷惑しております」と書き出し、中野アナの名前や「結婚」という表現は避けながらも、「この情報は事実ではございません」と完全否定した。

 同事務所関係者は「ネット上の書き込みなどが、あまりにも悪質と判断したため、やむを得ずメッセージを掲載することにしました」と説明した。

posted by ひで at 08:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

日テレアナウンサー転落死

 育児休業中だった日本テレビアナウンサー大杉君枝さんが昨日早朝、東京都渋谷区の自宅マンションから転落死した。43歳だった。
 遺書らしきものがあり、警視庁は自殺とみて調べているという。
 大杉アナは02年夏に再婚し、昨年10月に民放キー局アナウンサーの初産としては最高齢で出産した。
 産後、育児をしながら、全身に痛みが出る線維筋痛症の治療中だった。
 家族からの連絡によると、首から全身に痛みが走る病気で、医師から「原因は不明」と説明されていた。
 人によっては痛み止め薬が効かないこともあるが、大杉アナは、今月11日で生後4カ月になる男児を育てながら、全身の痛みとも闘っていたという。

 日本テレビにはこの日夕方、大杉アナの家族から伝えられた。
 家族からは亡くなった場所や死亡原因など詳細は明かされなかった。
 悲報に接した同じアナウンサー出身で先輩にあたる女性スタッフは、対応に追われながら涙をこぼしたという。
 この日夜になって、同社社員の間にも「大杉アナが飛び降りたらしい」との情報が駆け巡った。

 大杉アナの自宅マンションは8階建てだが、転落した場所や、当時の様子は明らかになっていない。
 都内の自宅マンションの住人は「亡くなったという話は聞いたのですが、はっきりしたことは何も…」と話した。
 深夜になり、マンション前に30人を超える報道陣が集まると、夫が勤務する大手広告代理店の広報担当者が対応し、「(遺族は)憔悴しきっているので、そっとしておいて欲しい」と願った。

 離婚歴のある大杉アナは、02年夏に再婚した。
 昨年10月11日、43歳で男児を高齢出産した。
 民放キー局アナウンサーの初産としては最高齢での出産で、話題になった。
 妊娠を公表後から、同局にも全国の女性から激励の声が寄せられた。
 無事に男児が誕生したときには、全国から祝福を受けた。

 同局の育児休業の規定は、出産後、子どもが1歳の誕生日を迎えた直後の4月までになっており、大杉アナは08年4月までが育児休業期間だった。 休業明けはアナウンサーとして復職する予定だった。
 この日夜、同局の総合広報部は「アナウンサーとして今後、さらなる飛躍が期待されている中で、突然の悲報に驚いております。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。
 通夜、葬儀は、親族のみで行われる。

posted by ひで at 12:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

柴田恭平さん復帰

 俳優の柴田恭兵さん(55)が、都内で主演するNHKドラマ「ハゲタカ」(2月17日スタート、土曜午後9時)の試写と会見に出席した。
 肺がんの手術を7月に受け、12月に収録に復帰した。
 「何度も撮り直し、病み上がりの僕をみんなしった激励してくれた。これが撮り切れたら、僕も再生できるんじゃないかなと思ってやった」と目を潤ませたという。
 買収を狙う外資ファンドから日本の企業を救おうと闘うエリート銀行マンを演じた。
 共演は大森南朋、松田龍平、栗山千明らだ。

posted by ひで at 21:54| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

NHKの責任問題はどうなるの?

 大みそかのNHK紅白歌合戦で抗議電話殺到の“乳出し”パフォーマンスを行ったDJ OZMAの関係者が、同局に謝罪文を提出していたことが明らかになった。
 同局によると、謝罪文は9日に所属事務所と所属レコード会社の東芝EMIの関係者が提出したという。
 最終カメラリハーサル(12月30日)とは違うパフォーマンスを、生放送の本番にぶつけたことを認める内容のようだ。
 また、音楽関係者によると、OZMAの事務所幹部と東芝EMI幹部が、ここ3日間ほどNHKに呼ばれ、連日話し合いを続けていたという。
 OZMAは今後レコーディングに入る予定で、OZMAが今回の紅白の件で対応することはないという。

 OZMAのステージでは、女性ダンサーたちがトップレスに見えるボディースーツを着用して踊り「子供が見ている時間にふさわしくない」などの抗議電話が約750件寄せられた。

 当初「演出の一部として認めた」としていたNHK側が直後に「リハーサルと違う内容で、知らなかった」と見解を一転させたことから真相がさまざまに伝えられたが、OZMA側の不規則行動ということで収拾を図った形だ。
 同局は「事務所とレコード会社の方から経緯と詳細をうかがった」とした上で「結果的に紅白にふさわしくないパフォーマンスを放送して視聴者の信頼を損なうことになり、こちら側にもチェック上の非はある」とする。
 今後のOZMAのNHK出演については「特に方策はないが、現実的にすぐ出演ということはない」とした。

 馬鹿馬鹿しい!NHKこそ確信犯やないか!
posted by ひで at 22:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

女性の裸?演出でNHKが謝罪

 昨夜放送されたNHK紅白歌合戦で、「DJ OZMA」と出演した女性ダンサーの上半身が裸に見えるような演出があり、総合司会の三宅民夫アナウンサーが番組内で「ボディースーツを着用していたが、誤解を与えて申し訳ない」という趣旨の異例のおわびをした。

 NHKによると、終了までに問い合わせなど約250件が寄せられたという。
 NHKは裸に見えたのはすべてボディースーツだったとしたうえで、「裸と見間違いかねない姿になるのは演出側は知らなかった。紅白のテーマにふさわしくないパフォーマンスだったと考えている」とコメントした。
 DJ OZMAは「リアルに作り過ぎたかな」と報道陣に語った。

 問題の場面は同日午後10時20分ごろに放送された。
 直後から「裸ではないのか」「ボディースーツとはいえ、子どもの見ている時間にはふさわしくない」などの指摘があったという。

posted by ひで at 17:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。