2006年12月05日

電撃トレード

 横浜の多村仁外野手(29)とソフトバンクの寺原隼人投手(23)の交換トレードが両球団から発表された。
 故障が多い多村外野手を交換要員にして先発投手陣を強化したい横浜と、長距離打者を獲得したいソフトバンクの思惑が一致した結果だ。
 多村外野手は94年秋のドラフト4位で、横浜高から横浜に入団し、04年から2年連続で30本塁打以上を放ち、今年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場したが、故障がちで今季は39試合出場にとどまった。
 通算成績は打率2割8分4厘、111本塁打、296打点だ。

 一方の寺原投手は01年秋のドラフト1巡目で、宮崎・日南学園高からダイエー(現ソフトバンク)入りし、2年間で13勝(7敗)したが、その後は不振に陥っている。
 今年は16試合に登板し、3勝7敗に終わった。
 通算成績は16勝14敗、防御率4.75だ。
posted by ひで at 22:42| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

土佐時代到来

 2006東京国際女子マラソンが本日昼、東京・国立競技場発着の42.195キロのコースであり、アテネ五輪5位の土佐礼子選手(三井住友海上)が、シドニー五輪金メダルの高橋尚子選手(ファイテン)を終盤振り切り、2時間26分14秒(速報値)で大会初制覇した。
 高橋選手は終盤失速し、結局3位に転落した。
 なお2位には39キロ過ぎに高橋選手を抜いた尾崎朱美選手(資生堂)が入った。

 スタートからトップを快走していた土佐選手は31キロ過ぎにペースを上げ高橋選手を振りきり、そのままの独走態勢でゴールした。

 冷たい雨の中、前半は速いペースで展開した。
 土佐選手がレースを引っ張り、その後ろを高橋選手がぴたりと追走した。
 折り返す手前でアシャ・ジジ選手(エチオピア)が遅れだし、優勝争いは土佐選手と高橋選手のふたりに絞られた。

 レースが動いたのは31キロ過ぎだ。
 土佐選手がペースを上げ、背後をひた走る高橋選手を引き離しにかかったのだが、二人の差はじわじわと広がり、横殴りの雨の中、独走態勢に入った土佐選手は最後の上り坂も快調に飛ばし、先行逃げ切りの見事なレース展開で優勝を飾った。
posted by ひで at 18:27| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

日ハムアジア1へ

 プロ野球のアジアナンバーワンを決める「KONAMI CUPアジアシリーズ2006」(読売新聞後援)は本日、東京ドームで決勝が行われ、日本ハムが、台湾勢初の決勝進出を果たしたラニューを1―0で退け、アジア王者に輝いた。

 日本勢の優勝は、昨年のロッテに続いて2年連続となった。
 最優秀選手には、決勝戦で八回途中までを1安打10奪三振、無失点の好投を演じた日本ハム・ダルビッシュ投手が選ばれた。

 決勝戦はラニューの先発・許文雄投手の好投もあって投手戦となったが、日本ハムが七回、鶴岡選手の適時打で1点を先制し、その後は、ダルビッシュ―武田久―マイケル中村につなぐ自慢の継投で最少得点差を守りきった。

 今季の日本ハムは、パ・リーグのレギュラーシーズンを1位で通過したのを始め、プレーオフ、日本シリーズ、アジアシリーズのすべてを制する“4冠”に輝いた。
posted by ひで at 22:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

全日本大学駅伝で駒沢が復活優勝

 本日、愛知県の熱田神宮と三重県の伊勢神宮の間の8区間106・8キロで開催された全日本大学駅伝で、駒大が2年ぶり6度目の優勝を飾った。
 6区の平野護選手(3年)が、競り合っていた日大を引き離して独走態勢を築き、5時間19分05秒で圧勝した。
 3年生の主力と1年生3人を加えた新生チームに手応えを得て、正月の箱根駅伝では王座奪回を狙う。
 2連覇を狙った日大は1分41秒差の2位だった。
 なお山梨学院大の8区モグス選手(2年)が、区間新記録(56分31秒)をマークした。
posted by ひで at 17:10| 奈良 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスターズ甲子園大会

 かつて高校球児だった人たちが参加する野球大会「マスターズ甲子園2006」(全国高校野球OBクラブ連合主催、朝日新聞社特別後援)が昨日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。
 大阪、山形など15府県の予選を勝ち抜いた16チーム、計657人の選手が参加し、5日までの2日間、各チーム1試合、計8試合が行われるという。

 開会式では、大会名誉会長の星野仙一氏が「もう一度青春にかえり、勝負にこだわって、ふるさと母校のために楽しく戦って下さい」とエールを送った。

 石岡商(茨城)は春、夏ともに甲子園出場経験がなく、現役を含めて初の甲子園出場となったが、日向学院(宮崎)に競り勝ち、「甲子園初勝利」を挙げた。 
 主将で会社員の赤坂敏則さん(39)は「これがあの甲子園なのかという感慨があった。現役時代の監督を連れてこられてよかった」と笑顔で話した。

 大会は04年から始まり、今年が3回目だ。
 4、5日とも、試合後には、元高校球児らが家族や仲間とペアで参加する、「甲子園キャッチボール」もあるという。
posted by ひで at 10:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

女子バレー日本代表1次リーグ突破

 日本が3連勝で1次リーグ突破を決めた。
 7連勝中の韓国から2セットを奪って迎えた第4セットだった。
 11−17と劣勢に立ちながら、今大会初先発の杉山選手がブロックを3度決めた事で、流れを引き寄せて18−18の同点に追いつき、最後は竹下選手のサーブで勝負をつけた。

 第2セット以降、すべて韓国にリードを奪われたが、第3、4セットともこの日の合言葉だった「粘り強さ」を発揮した。
 課題だったブロックも全員で10本決めた。
 役目を果たした杉山選手は「(ブロックの場面は)勝ちたい気持ちと集中力が出た。勝って良かった」と胸をなで下ろし、柳本監督も「内容ある良いゲームだった」と選手をたたえた。
posted by ひで at 22:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レガッタ競技会の学生が事故の家族を救う

 昨日午後3時25分ごろ、兵庫県加古川市上荘町国包、加古川左岸の堤防道路から、同県高砂市の男性会社員(32)が運転する乗用車が約6メートル下の加古川に転落した。
 川は深さ約2メートルで車は間もなく水没し始めたが、会社員は、同乗していた妻(34)、長男(9カ月)とともに、近くでボートの競技会に臨んでいた大学生に救助された。
 妻は肋骨にひびが入るけがを負っており、3人とも病院に運ばれたが、命に別条はないという。
 加古川署などによると、救助したのは同日開幕した第17回加古川レガッタ(関西学生漕艇秋季選手権大会)で、大会の救助艇に乗っていた立命館大4年の男子学生(21)と滋賀大3年の男子学生(21)の2人だ。
 堤防にいた人から転落を知らされ、前部が水没して後部が浮いた状態の車に接近し、後部座席の窓から、会社員の妻が「この子を先に」と差し出した長男を受け取った後、徐々に沈む車から妻、会社員の順に窓から艇に引き上げたという。
 その直後に車は完全に沈んだという。

 事故から救出までわずか10分足らずの出来事だった。

 けがをした会社員の妻は病院へ運ばれる直前、学生2人に「ありがとう、ありがとう」と繰り返したという。
 学生は「早く助けないと、と焦ったが、開いている窓の方にうまく船をつけられた。無事で、ほっとした」と話した。

posted by ひで at 10:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂争奪戦からドジャースが撤退

 ロサンゼルス・タイムズ紙は、米大リーグのドジャースが西武の松坂大輔投手獲得のためのポスティング(入札)には参加しない方針であると伝えた。

 ドジャースのコレッティ・ゼネラルマネジャーは同紙で「契約交渉の前に多額の投資をしなければならない。それらの金は損失そのものだ」と語ったという。
 松坂投手の入札をめぐっては、交渉権獲得に2000万ドル(約23億4000万円)以上、さらに本人との契約に4000万ドル(約46億8000万円)以上が見込まれると報道されている。

 米メディアによると、松坂投手に興味を示していた球団のうち、入札回避と伝えられたのはドジャースのほかにマリナーズ、エンゼルス、オリオールズの4球団だ。
 これで、入札に応じるといわれているのはヤンキース、メッツ、レッドソックス、カブス、レンジャーズの5球団になった。

 やはり行くのは本命とうわさされるヤンキースだろうか・・・。
posted by ひで at 09:59| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

(速報)復活のミキティ優勝

 女子フィギュアGPは女子フリーを行い、安藤美姫選手(トヨタ自動車)が初優勝した。
 昨季のGPファイナル覇者の浅田真央選手(愛知・中京大中京高)は3位だった。
posted by ひで at 09:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

日ハムがパリーグを制す

 パ・リーグのプレーオフ第2ステージ(3戦先勝方式)は本日、第2戦が札幌ドームであり、北海道日本ハムファイターズが1―0で福岡ソフトバンクホークスにサヨナラ勝ちし、25年ぶり3度目(前身の東映フライヤーズ時代に1度)の優勝を決めた。
 レギュラーシーズン1位の日本ハムは1勝のアドバンテージを得た状態でスタートし、第1、2戦を連勝し、通算成績3勝0敗とした。
 日本ハムは創立2年目の東北楽天ゴールデンイーグルスを除く11球団の中で、一番長く優勝から遠ざかっていた。
 04年に本拠を東京ドームから札幌ドームに移し、3年目での頂点となった。
 ソフトバンクは、3年続けてまたもや第2ステージで涙をのんだ。

 セ・リーグ覇者の中日ドラゴンズと対戦する日本シリーズは21日、ナゴヤドームで開幕する。
posted by ひで at 22:29| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

李内野手 来期もジャイアンツ

巨人李内野手(30)が、13日に左ひざの棚障害の手術を行うことが分かった。
 4番の責任感から出場を続けてきたが、1試合を残し、巨人で初めてのシーズンを終える。
 李内野手は早期手術を希望していたが、チームは東京ドーム今季最終戦となる10日の首位中日戦までの出場を希望、了承した。
 球団は李内野手の必要性を再確認したもようで、メジャー移籍もささやかれた注目の来季去就は、巨人残留へ流れが向くことが濃厚となった。
 また工藤公康投手(43)の巨人残留がこの日、決まった。

 李内野手は8月下旬から左ひざに違和感を訴え、9月3日中日戦(ナゴヤドーム)を欠場し、遠征先の名古屋から緊急帰京した。
 その後も病院での定期治療、アイシングなどで痛みをこらえ出場を続けてきたが、手術に踏み切ることになった。
 10日の中日戦(東京ドーム)に出場後、出場選手登録を外れる。
 15日の今季最終戦(ヤクルト、神宮)は出場しない。
 完治までの日数など詳細は現時点で不明だ。

 この日はチームとともに神戸入りし、今日からの阪神戦(甲子園)にも通常通り「4番一塁」でスタメン出場する。 
 李内野手は当初、今回の甲子園遠征後にチームを離れ、手術を行うことを希望した。
 しかし、現場サイドは、本拠地最終戦となる10日まで出場することを求めたところ、李内野手は了承したという。

 今季はここまで出場した140試合すべてに4番で出場。打率3割2分3厘、本塁打41、打点106の成績を残している。
 打率、本塁打はリーグ2位で、特に本塁打王争いは中日ウッズ内野手と2本差で激しく争っている。
 3月のWBCにも韓国代表として出場し、5本塁打と活躍した。
 昨年まで在籍したロッテではDH、右投手限定での出場も多く、一塁守備を含めた春先からのフル稼働は初めての経験だ。
 左打者の軸足で、体重の乗る左ひざには大きな負担が掛かっていた。

 中日戦までの出場は、原監督はじめ首脳陣たっての要望だった。
 ここまで6勝15敗。
 辛酸をなめ続けた首位中日。
 現時点で優勝争いの行方は分からないが、勝って目の前での胴上げを阻止し、来季へ向け意地を見せたい。
 李内野手はシーズン中から、巨人への感謝の思いを口にしている。
 「いつも信頼して使ってくれる原監督。阿部さんはじめ、仲良く接してくれる仲間。ありがたい」と話していた。その思いから最後のひと踏ん張りを了承したようだ
posted by ひで at 10:56| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

工藤どうする?

 7選手に戦力外通告を行い、大西選手の引退を発表した巨人だが、依然として来季で44歳になる工藤投手の去就が中ぶらりんとなっている。

 二軍選手と一緒にジャイアンツ球場で練習を続けている工藤投手は4日、「まだ巨人に残るかどうか分からない。監督にこうしたいという希望は伝えてある。オレから動くことはない。それに対する返事を待っている」と返答がないことを明らかにした。
 「この時期が一番つらい。自分で辞める決断もできないんだから」と続け、苦しい胸の内を明かしている。

 3日に東京ドームを訪れた滝鼻オーナーは「間接的には工藤が現役を続けたいというのは聞いている。彼の技術力、戦力、チームへの貢献度を考えて、球団代表、原監督と話し合う。あれだけの実力、後輩へのいい影響もある。できれば何とかしたいが、あまり感情移入せずに冷静に考える」と話した。
 球団はある程度、来季の戦力のメドが立ったところで工藤投手の去就を決めるつもりのようだが、こんなおかしな話はない。

 ある巨人OBは「工藤は生え抜きではないけれど、200勝して名球会にも入っている。そんな投手に対して、いまだに来季のことを話していないなんて失礼だ」と怒りを爆発させた。

 この時期、巨人では健康診断を受診しなければならないが、工藤投手は「まだ決まってないから行きようがない。行けといわれれば行くけど…」と、さびしそうな表情を浮かべている。

 球場を去る際に工藤投手は、あみんの「待つわ」を口ずさみながら、愛車に乗り込んだ。

 功労者に対するあまりの仕打ちにファンの心は離れるのだろう・・・。
posted by ひで at 22:30| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

サッカー日本代表敗戦

 サッカー日本代表とガーナとの親善試合が今夜、横浜・日産スタジアムであり、日本は0―1で惜しくも敗れた。
 後半28分、ガーナに先制され、これが決勝点となった。
posted by ひで at 23:04| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

タイガース球団保証金問題

 タイガース球団の親会社の経営統合に伴う預かり保証金など30億円について、タイガース側が減免を求めている問題で昨日、日本野球機構の理事会が東京都内で開かれた。
 新会社「阪急阪神ホールディングス(HD)」が1日付で正式に発足したこともあり、財務状況の調査や継続保有の意思確認などをすることを決めた。

 7月のオーナー会議では球団保有の変更に当たると判断し、30億円の支払いが決まったが、タイガース側が再審査を要望した。
 機構会長でもある根来泰周コミッショナーが理事会を招集した。
 根来氏は「新会社が設立されたので、きちっと審査しようということ」と説明した。
posted by ひで at 05:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国サッカー裏金疑惑

 選手の移籍を巡って代理人と監督などの間で裏金の受け渡しがあったとされるイングランドサッカー界の疑惑について、イングランドプレミアリーグは昨日、6カ月間に渡る同リーグ調査委員会の調査結果について、8クラブが絡んだ39件についてさらに詳細な調査が必要とした。

 同委員会は04年1月1日から06年1月31日の間にあった362件の移籍を調査してきた。疑惑が深まった39件については代理人の銀行口座などをさらに2カ月かけて調べる。クラブや選手の名を明かされなかったが、英メディアは中田英選手のボルトン移籍にも疑いがかかっているとしている。
posted by ひで at 05:10| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

落合氏のかばん盗難

 昨日、中日−横浜戦があった横浜スタジアムの三塁側監督室のロッカーから、落合・中日監督のカバンがなくなっているのが、試合後にわかった。
 落合監督によると5回終了時まではあったという。
 盗難の可能性もあるとみて、警察に連絡した。
 カバンの中には現金とクレジットカードなどが入った財布や、家族3人が持っているお守りが入っていたという。
posted by ひで at 06:07| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

室伏またも優勝

 陸上の地域別対抗戦、W杯は昨日、アテネで開幕し、男子ハンマー投げは室伏広治選手(ミズノ)が82メートル01の今季自己ベストで制した。
 室伏選手は今季出場した7戦に全勝しており、無敵だ。

 1投目に79メートル70で首位に立った室伏選手は、2投目で81メートル30に伸ばし、3投目で82メートル01を記録した。
 なお最後の4投目は81メートル82だった。
 昨年の世界選手権覇者のイワン・チホン選手(ベラルーシ)が80メートル00で2位になった。

 もはや敵なしの状態だ!
posted by ひで at 07:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

駒苫の田中投手はプロ志望表明

 今夏の甲子園で準優勝した駒大苫小牧(北海道)のエース、田中将大投手(3年)が「プロ志望届」を北海道高野連に提出したと、同校が明らかにした。
 田中投手は最速150キロの速球と鋭いスライダーが武器の右腕だ。
 25日の高校生ドラフトでは日本ハム、楽天、オリックスなど複数球団の1巡目指名が見込まれている。

posted by ひで at 14:46| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

早実高橋選手大学進学を表明

 今夏の甲子園大会で初優勝し、進路が注目されていた早実・斎藤佑樹投手(18)=3年=は昨日、東京・国分寺市の同校で記者会見し「プロ志望届は出しません。選手としても人間としても未熟だと思う」と進学する意向を示した。
 系列校の早大に進むとみられる。
 甲子園の活躍と端正なルックスから、“ハンカチ王子”の名で旋風を巻き起こした斎藤投手は、舞台を神宮の杜に移し、4年後のプロ入りを目指す事になる。
posted by ひで at 21:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

日本プロ野球来期からはセパ共にポストシーズン制度導入へ

 プロ野球実行委員会が、都内で開かれ、来季からのセ、パ同一形式によるポストシーズンゲーム(PSG)の実施が正式決定した。
 交流戦24試合、リーグ内対戦120試合のレギュラーシーズン144試合でリーグ優勝を決めた後、2位と3位が3回戦制の第1ステージ(S)、第1S勝者と1位が5回戦制の第2Sを行い、セパの第2S勝者が日本シリーズで対戦するという。
 来年から2年間の暫定とし、名称や実施方法などは28日の事業委員会で議論するとしている。
posted by ひで at 09:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。