2011年01月10日

小児臓器提供と虐待

 15歳未満の子どもからの脳死臓器提供を国内で定着させるため、放射線科医らでつくる一般財団法人である「Ai(死亡時画像診断)情報センター」は、病院から照会された子どもの虐待の有無について、CTなどの画像を診断するために、判定を助言する支援事業を今年から始める事を明らかにした。
 昨年7月に全面施行された改正臓器移植法によって、15歳未満からの脳死臓器提供ができるようになったのだが、同法では虐待を受けた子どもからは臓器提供されないよう規定している。
 しかし、虐待の有無に関する判別は簡単ではなく、現状では脳死提供は困難と感じている医師が多く、実際に、これまで提供された事例もないのが現状だ。

 虐待の有無の特定方法でほぼ確立しているものに解剖があるが、解剖できない場合、患者の死亡後にCTやMRIなどで特定する「Ai」が近年使われ始めている。
 支援事業は病院からインターネットを介し、CTやMRI画像を受信し、その画像を経験を積んだ小児専門の放射線科医らが、小児独特の骨折、外見では分かりにくい硬膜下血腫など虐待に特徴的な症状がないかどうか判定する事で行うと言う。

posted by ひで at 11:49| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

改正臓器移植法施行

今日から15歳未満の子供からの臓器提供を認める改正臓器移植法が施行されます。
 しかし、そうした中で臓器提供施設となる小児専門病院のうち、子どもの脳死判定や臓器提供に向けた臓器提供者の全身管理に対応できないとした施設は約4割の12施設にものぼることが明らかになりました。
 中には脳死判定ができても全身管理はできないとした施設もあり、体制整備の遅れが浮き彫りになった形です。
 同調査は、厚生労働省が新規認定した「日本小児総合医療施設協議会」の全29施設を対象に実施されたアンケートを元に集計した結果だというが、脳死判定と全身管理に対応できるのは12施設のみで、施行日である本日から対応できる施設に限るとなんと5施設にまで減ってしまうのです。



 こんな状況下できちんとした臓器移植が期待できるのでしょうか。。。。

posted by ひで at 07:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

新型インフルエンザワクチン被害救済策

 厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの使用で重い健康被害が発生した場合に、医療費や遺族年金などを給付する救済制度をスタートさせた。
 また本救済制度では、ワクチンによる副作用だけでなく、医師の技術的なミスで起きた健康被害も救済される事になった。
 4日施行の新型インフルエンザ特別措置法に基づく制度で、施行前の接種で生じた健康被害も救済対象になるという。
 仮に生計維持者が死亡した場合には、その遺族に年間約237万円の遺族年金が10年間支給され。、さらに約19万円の葬祭料が支給される。
 また生計維持者以外の死亡では遺族に一時金約713万円と葬祭料を給付するという。


posted by ひで at 23:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

HPに偽りの記載

 日本胸部外科学会など3学会でつくる「心臓血管外科専門医認定機構」が、専門医資格を失った482人の外科医を、最大で8か月にもわたり、専門医として同機構のホームページ上で紹介していたことが明らかになった。
 同機構はシステム上の問題だとしているが、患者にとって専門医資格は医師を選ぶ目安であり確認不足は否めない。
 同機構もシステム上の問題はともかく「不適切だった」としている。
 同機構の説明では、心臓血管外科の専門医資格は5年に1度の更新制になっている様で、今年3月、資格更新のための審査を実施したのだが、その際の更新対象は約2000人いたが、東京医科大病院で専門医の手術で患者4人が死亡したことから、5年間で100件以上の心臓血管の手術を行うなど更新条件が厳格化されたため、466人が更新申請を辞退した上、6月18日までに16人が不合格となったという。
 ところが、同機構の医師情報管理システムの改編が時期的に重なったことなどから、HP上の専門医名簿が今月12日まで改定されなかったというのが実情の様だ。

 同認定条件に手技は課されておらず、技量を保証するものではないとはいうものの、病に悩む患者にとって同機構のHPは、専門医を確認する手だてとなっているだけではなく心のよりどころでもあるはずだ。
 もちろん資格がなくても、心臓手術を手がけることは可能だが。。。。
 管理がずさんすぎるといわれても仕方ないのでは??

posted by ひで at 11:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ありえないミス

 栃木県足利市の足利赤十字病院で先月、60歳代の男性患者の心臓手術時に、手術で使用した器具から外れた金属製ナット(幅約1・5センチ)を心臓内に残したまま手術を終え、直後に気づいて摘出手術を行っていたことが明らかになった。
 男性は手術の3日後に心不全で死亡しているが、病院側は、ナットが残ったことについて「通常ではあり得ないミス」と認めたが、「死亡との因果関係はない」と説明している。

posted by ひで at 15:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

インフルエンザ患者数

 国立感染症研究所は、全国約5000医療機関を対象にした定点調査で、今年7月上旬以降のインフルエンザ患者数が累計で、約234万人に上った事を公表した。
 また、10月5〜11日の1週間の新規患者数は約64万人で、これを年代別で見ると、8割以上が未成年だったという。
 詳しい内訳は0〜4歳が約4万人、5〜9歳が約16万人、10〜14歳が約23万人、15〜19歳が約10万人で、小中学生の世代で特に感染が広がっているのが明らかになっている。
posted by ひで at 10:04| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

無理心中か。。。

 昨日午前11時40分頃、千葉市緑区の会社員(38)宅で、長女で特別支援学校1年の女児(7)が2階寝室で首から血を流して倒れているのを同会社員が発見し、救急車で搬送されたが病院で死亡が確認された。
 千葉南署によると、同日朝、会社員の妻で女児の母親(36)が「殺しちゃった」と会社員に打ち明け、「死にたい」などと取り乱したため、車に乗せて病院に向かったという。
 しかし、病院に到着した直後、母親も行方が分からなくなり、自宅へ戻った会社員が飛び降り自殺を図り、近くの集合住宅で死んでいる母親の姿を発見した。

posted by ひで at 11:01| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

新型インフルエンザワクチン

 厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの接種費用を全国一律にする方針を固めた。
 保険診療扱ではない予防接種は、一部を除いて費用が医療機関ごとに異なるのが通例だが、接種を請け負う医療機関に金額をあらかじめ示す方向で検討し、地域や施設で格差が出ないよう配慮する方針だという。
 現在のところ、新型インフルエンザワクチンについて、接種費用を自己負担してもらうよう調整しており、2回接種で6000〜8000円程度になる見込みだという。
 なお生活保護世帯など低所得者は負担を軽減する予定で、10月下旬から、まず医療従事者に接種し、来年3月までに計約5400万人に打つ方針だとしている。
posted by ひで at 15:19| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

施設勤務医が盗撮

 岐阜県警岐阜北署は、岐阜市内の県立児童福祉施設に勤務する医師の男(39)を建造物侵入と軽犯罪法違反(いわゆるのぞき行為)で岐阜地検に書類送検した事を明らかにした。
 発表によると、この男は今年6月25日午後2時半頃、自身の勤務先の施設1階にある職員用の女子更衣室に侵入し、その更衣用ロッカーに小型ビデオカメラを設置し、扉に開けた直径1センチほどの穴から、女性職員(33)の着替えを撮影、録画した疑いがもたれているという。

posted by ひで at 09:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

社会福祉法人で新型インフルエンザ集団感染

 大阪府枚方市にある社会福祉法人「枚方療育園」が、運営している重症心身障害児施設の男性入所者(29)が新型インフルエンザに感染して呼吸困難に陥り、人工呼吸器を使用している事を発表した。
 男性のほかにも同施設の女性看護師も感染し、他の男性入所者や、併設する職員用保育園の女性保育士ら計5人からA型ウイルスの陽性反応が確認されているという。
 こうした現状から大阪府は集団感染の可能性が高いとみている模様だが、患者らはいずれも快方に向かっているという。
posted by ひで at 08:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

山本病院診療報酬不正疑惑

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」が診療報酬を不正受給したとされる詐欺事件で、同病院がレントゲンで撮影した患者の胸部の写真を偽装し、血管が狭くなっているように加工した疑いがある事が明らかになった。
 県警は、この写真をもとに患者に狭心症などと偽り、本来は必要のないカテーテル手術をしていた可能性もあるとみている。
 もし事実だとすれば・・・・。怒りを通り越してあきれ果ててしまう・・・
posted by ひで at 20:30| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

新型インフルエンザ

  世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は、新型インフルエンザの警戒水準をパンデミックを意味する最高の「フェーズ6」へ引き上げると宣言した記者会見で、今の状況を「世界的大流行の初期段階」であるとし、今後、「一層の感染拡大は避けられない」との見通しを明らかにした。  
 一方、ウイルスの病原性の強弱を表す3段階のWHOの尺度については、同事務局長は、今回は2番目の「中度」にあたると説明した。
 さらに「医療が貧弱な地域では、さらに悲惨な状況になることを予測しておいた方がよい」と述べ、アフリカなど南半球の発展途上国に感染が拡大した場合に備える必要性を訴えている。
 先進国と違って発展途上国ではワクチン等が入手しにくいからである。
posted by ひで at 07:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

昭和大学病院

 昭和大学病院が、兵庫県や大阪府で新型インフルエンザの感染者が確認された後の今月18日から、神戸市など発生地域に一定期間滞在した人を対象に、入院患者への面会自粛を求めていることが明らかになった。
 同病院は「院内の患者への感染を予防するため。今後も継続する」と表明している。
 一方で、都感染症対策課は「面会者に一律にマスクを配布すれば十分ではないか」との考えの様で、面会自粛の効果を疑問視しているという。
posted by ひで at 10:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

国内初の海外渡航経験のない新型インフルエンザ患者

 厚生労働省は、神戸市内の県立高校に通う3年男子生徒(17)について、新型インフルエンザ感染が確認された事を明らかにした。
 今回の感染は水際の検疫以外では国内初の感染確認となり、同じ県立高校に通う2年男子(16)と2年女子(16)も発熱などを訴え、遺伝子検査で陽性を示し、国立感染症研究所で最終確認検査を行っている模様だ。
 ちなみに3人はいずれも海外渡航歴がないという。
 また大阪府でも疑いのある症状を訴える患者が発生している模様だ。

 国内で新型の感染者が出た事で、政府の新型インフルエンザ対策本部は、政府としての行動計画を現在の第1段階である「海外発生期」から、第2段階の「国内発生早期」などへ引き上げる見通しを明らかにした。
 今後の対策の重点も検疫などの水際作戦から、国内の感染拡大防止策に移る事は必至だ。

posted by ひで at 19:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

新型インフルエンザ感染症危険情報

 外務省は、新型インフルエンザの感染があらたに確認されたイタリア、アイルランドについて、渡航に十分に注意するよう呼びかける「感染症危険情報」を新たに発出した事を明らかにした。
 これで同様の危険情報の対象国は17か国・地域となった。
 なお今回の新型インフルエンザの発祥源ともみられるメキシコについては、不要不急の渡航の延期を勧告している。
posted by ひで at 08:22| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

看護師の勤務実態

 深夜勤をこなしながら、実に月60時間超もの時間外労働をしている、いわゆる「過労死の危険のある看護師」が推計約2万人に上ることが、日本看護協会の調査で明らかになった。
 中でも、仕事を始めたばかりの20歳代の時間外労働が長い傾向にあるという事も分かったという。   
 交代制勤務をしながら、なおかつ時間外労働が月60時間超に上る看護師は、全体の2・46%になり、厚生労働省の調査で、看護師の総数が約80万人となっていることから、約2万人の看護師が過労死の危険があると推計したのだという。


posted by ひで at 22:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

早産で生まれた赤ちゃんの心の発達

 早産で出生した赤ちゃんの心の発達に、生後直後からの赤ちゃんと母親とのかかわり方や保育器などの環境、検査などの医療行為がどのように影響するかを調べる研究を京都大教育学研究科と同大学医学部付属病院が始めた様だ。
 周産期医療の充実が社会的課題となる一方で、早産児の心の発達の研究は世界でもほとんどなく、日本で増えている早産児の健やかな成長につなげたいという願いからだという。
 同研究に取り組むのは教育学研究科の明和政子准教授、京大病院新生児集中治療部医長の河井昌彦助教らのチームだ。
 同研究は科学技術振興機構「ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト」の一環として2013年度まで行うとしている。

 人の赤ちゃんはまだ母親の胎内にいる時でも自身の母親の声を聞き分けて口を開けるなどの反応をしたり、新生児も他者の表情をまねたりコミュニケーションしていることが最近明らかになったが、その一方で、早産の低出生体重児は表情変化に乏しく、母親が育児ストレスを抱えるなどの報告があるのも事実だ。
 NICU入院時における赤ちゃんのストレスの蓄積や他者とのコミュニケーション不足が後の心の発達に影響しているのではないかとの指摘もあるというから同研究の意義は大きいと思う。
 これまででも、早産児には、赤ちゃんを包み込む寝具の使用や、音、光の軽減、お母さんと触れあう時間を増やすなどの対応が医療現場で行われているが、効果は分からないのが現状というだけに研究の成果に期待が集まっている。

posted by ひで at 09:28| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

C型肝炎カード

C型肝炎患者等約700人でつくる「薬害C型肝炎新潟の会」は、患者自身が肝炎患者であることを明記し、注意を喚起する携帯カードを作成した事を明らかにした。
 交通事故など不測の事態で出血し、本人が意思表示できない場合を想定したもので、救急隊員や医師などの感染を防ぐのが狙いだそうだ。
 今後、全国の肝炎患者団体などにカードの作成を呼びかけるとしている。
 今回作成された手作りのカードは名刺サイズで、身分証明書のように携帯できるのが特徴だ。
 「私はC型肝炎です。血液の取り扱いに御注意ください」と記され、患者本人が氏名や通院中の医療機関名、カルテ番号を書き込む事になるという。
 実は今回のカードの発端は昨年6月に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件で、被害者の中にB型肝炎ウイルスの感染者がいたため、救助を手伝った人への感染が心配された事によるという。

 同団体の会長らは「感染の可能性は低くても患者自身が二次感染を防ぐ努力をし、不安な思いをする人を減らしたい」とカードを発案したとし、歯科治療などで出血を伴う際にも医師に提示して役立ててもらう事を願っているという。

posted by ひで at 15:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐用の病院で高齢者が相次いで骨折

 兵庫県佐用町にある「佐用共立病院」に入院している99〜75歳の6人が、昨年末から今年初めにかけ、相次いで胸の骨を折るけがを負っていたことが明らかになった。
 兵庫県は病院から連絡を受け、立ち入り検査したそうだが、6人のうち2人は死亡しており、残りの4人も寝たきりの状況で会話ができない状態のため、原因が明らかになっていないのだという。
posted by ひで at 15:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

聴覚障害者に運転免許取得支援ソフト

 耳が不自由な聴力障害者の人たちの運転免許取得を支援するパソコンソフトを、沖縄県浦添市にある県立浦添工業高校が完成させたそうだ。
 2006年度に情報技術科に在籍していた当時の3年生が着手し、その後の歴代の3年生が研究をリレーし続け、3年がかりで計17人が携わった成果だという。
 また「明快な表現で分かりやすい」と製作に協力した自動車学校関係者も評価しているという。

 同ソフトを開発する事になったきっかけは県立沖縄ろう学校からの要望だったという。
 情報技術科が以前、生徒の課題研究で作ったパソコンソフト「手話入り電子紙芝居」を同ろう学校に寄贈したことから関係が出来ていた両校の関係の中で、運転免許取得に悩む生徒達の強い要望があり、06年3月に相談を受けた当時の教諭が応じた事から開発が始まったという。
 完成したソフトは@画像や手話の動画で自動車の各部位の名称や使い方を解説し、A○×式で理解度を確かめる139問のクイズがあってB過去に出題された約1000問の学科試験が付いているなどなど6項目で構成されており、自動車学校の指導員が監修した優れものだという。

 東京にある全日本指定自動車教習所協会連合会によると、聴覚障害者が自動車教習所に通う場合、一般的に健常者と一緒に講習や実技指導を受け、必要に応じて手話のできるスタッフが個別指導しているのが現実であるが、「今後、教習所に通う聴覚障害者が増え、講習のあり方にも配慮が求められるようになるだろう。高校生のソフトはいい教材になりそうだ」と強い期待を寄せているという。

posted by ひで at 14:25| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。