2007年09月22日

鳴らなかった警報機

 昨日正午すぎ、滋賀県愛荘町愛知川の近江鉄道本線愛知川4号踏切で、貴生川発米原行き快速電車(2両編成)と、同県東近江市躰光寺町の会社員(30)が運転する軽ワゴン車が衝突し、車が大破し、会社員は死亡した。
 踏切に遮断機はなく、警報機のみが設置されていたという。
 近江鉄道によると、警報機は点滅していたが、故障で音が鳴らなかったとみられるというが、客8人と運転士にけがはなかったそうだ。

 東近江署の調べでは、踏切は幅約2メートルで、電車の運転士(26)が右側から踏切内に進入しようとする軽ワゴン車に気付き、ブレーキをかけたが間に合わなかったらしい。

 同社によると、警報機内部の磁気コイルが断線していたそうだ。
 近くに住む人も「昨日から音が聞こえなかった」と話しているという。

 近江鉄道は遺族宅を訪れ、謝罪したそうだ。
 被害者の父(63)は「点検は1年に1度しかやっていないと説明を受けた。信じられない」と話した。岸邦之社長は同県彦根市の本社で記者会見し、「鉄道事業者としてあるまじきことをしてしまった」と話した。

posted by ひで at 06:48| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

加古川で列車事故

 昨夜午後9時ごろ、兵庫県加古川市尾上町旭3丁目、山陽電鉄の加古川県道踏切(警報機、遮断機付き)で、阪神三宮発山陽姫路行き特急電車(6両編成)と、同市尾上町の塗装業の男性(65)運転の軽乗用車が衝突した。
 車は線路脇のフェンスを倒しながら約20メートル引きずられて大破したという。
 男性は搬送先の病院で死亡が確認された。電車の乗客約150人にけがはなかった。

 この事故で、東二見―高砂間が上下線とも不通になったが、午後10時50分ごろ運転を再開した。
 加古川署は、車が踏切に入った原因を調べている。
 調べによると、踏切内は車1台ずつがすれ違うことができる幅だという。
posted by ひで at 09:50| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

新幹線に飛び込み自殺?

 昨日午後3時55分ごろ、横浜市港北区のJR新横浜駅の東海道新幹線上り線ホームで、男性が高さ約1メートルの安全柵を乗り越えて線路内に飛び降り、通過中の新大阪発東京行きひかり414号にはねられて死亡した。

 ホームのベンチに座っていた男性(59)も、線路から飛んできた敷石が右足に当たり、軽いけがをしたという。
 敷石は人の拳ほどの大きさだったそうだ。
 港北署は、男性が自殺を図ったとみて身元を調べているが、男性は20歳前後とみられるという。

 JR東海によると、ひかり414号は時速200キロ前後で走っていたところで、運転士が線路に人がいるのに気付いて急ブレーキをかけたが、間に合わず、駅を約3キロ過ぎて停止したという。

 この事故で、東海道新幹線は、午後4時過ぎから同5時ごろまで運転を見合わせ、上下57本に最大73分の遅れが生じ、乗客約6万9000人に影響が出た。

 また、昨日のうちに目的地まで行けない乗客が出たため、JR東海は東京、新大阪の両駅に新幹線を待機させ、計24人が車両内で一夜を明かしたという。

posted by ひで at 10:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ケニア機墜落か

 カメルーンのドゥアラからケニアの首都ナイロビに向かっていたケニア航空ボーイング737―800型旅客機が本日未明(日本時間同日午前)、消息を絶ち、カメルーンの国営ラジオは同国南部で墜落したと伝えた。
 乗客乗員115人が乗っていたという。
 同日午前0時05分にドゥアラを出発した直後、現地の管制塔と交信したのが最後だという。
 遭難信号を出していたとの情報もある。

 同機はコートジボワールのアビジャンからドゥアラを経由し、同6時15分にナイロビに到着する予定だった。
posted by ひで at 18:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

放射能漏れ??

 東京電力は、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所内の松の葉から、自然界にない微量の人工放射性物質を検出したと発表した。
 放射線量は法令で定める年間量の1万分の1で、東電は「周辺環境や人体に影響はない」としている。

 東電によると、3月10日に行った定期の環境モニタリング調査で、15地点のうち1地点から見つかったという。
 物質は「マンガン54」「コバルト58」「コバルト60」で、検出量はそれぞれ、0.1ベクレル、0.1ベクレル、3.9ベクレルだったという。
 放射線量の合計は0.0001ミリシーベルトで、人が受ける年間限度の1ミリシーベルトを大きく下回っているとしている。

 東電は、発電所内の換気をする排気筒から計器で計測できないほどの微量の放射性物質が漏れていたとみている。
posted by ひで at 10:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

陸自ヘリ墜落

 鹿児島県・徳之島で陸上自衛隊第101飛行隊(那覇市)所属のCH47ヘリコプターが墜落した事故で、今朝、島北部の天城岳(標高533メートル)の山頂付近で墜落した機体が発見された。
 同県によると、機体近くで乗員4人のうち3人が見つかったが、そのうち2人は死亡した可能性が高く、1人の様態は分かっていないという。

 防衛省などによると、同日午前6時15分ごろ、捜索していた県警や地元消防が山頂の北東約1キロの山中で機体の一部を見つけたが、損傷が激しいという。

 同6時40分から7時にかけて、乗員2人が相次いで発見された。
 やけどがひどく、心拍が確認できなかったという。
 自衛隊のヘリコプターに収容され、那覇市内へ搬送予定という。
 その後、機体の下敷きになっていた乗員1人も見つかった。

 墜落したヘリコプターは、島内の急患を搬送するため、30日夜に島へ向かっていた途中に墜落したものだ。
 機長の建村善知3佐(54)、副操縦士の坂口弘一1尉(53)、整備士の岩永浩一2曹(42)、整備士の藤永真司2曹(33)が乗っていた。
posted by ひで at 09:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

追突されたトラックが・・・

 今朝午前4時55分ごろ、静岡県富士市五貫島の国道1号バイパス下り線で、道路補修のため止まっていた作業用2トントラックに、栃木県壬生町の運転手(25)の4トントラックが突っ込んだ。
 押し出された作業用トラックが近くにいた警備員3人をはね、うち2人が下敷きになり死亡したという。
 現場は片側2車線で、作業用トラックを走行車線に止め、中央分離帯の補修が行われていた。
 被害者は警備会社から派遣され交通整理をしていたそうで、補修が終わり、機材の片づけをしていたところにトラックが突っ込んだという。

posted by ひで at 11:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

松江で脱線事故

 今朝午前10時ごろ、松江市東長江町の一畑電車・長江駅の西約100メートルで、出雲市発松江しんじ湖温泉行き普通電車(2両)が、大雨の影響で、線路内に崩れ落ちて来た土砂に乗り上げ、1両目が脱線、約45度傾いた状態で止まった。
 乗客約40人のうち、1両目にいた徳島市の会社員の男性(26)が右肩を打って軽いけがを負ったという。
 線路北側の斜面が高さ約20メートル、幅約40メートルにわたって崩れており、復旧の見通しは立っていない。
 同社によると、数分前に別の普通電車が通過した時には異常はなかったそうだ。
 脱線した電車の運転士は「70〜80メートル前のカーブで土砂崩れに気付いて非常ブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話している。

 何はともあれ、軽症の方が1人いた程度で済んでよかったというべきだろう・・・。

posted by ひで at 17:55| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

神戸ポートライナーポイント故障

 昨日午後9時35分ごろ、神戸市中央区の神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)の神戸空港駅近くでポイントが動かなくなり、同駅に停車していた列車(6両編成)が約50分間、発車できなくなった。
 同10時28分の運転再開までに、この列車を含む6本が運休し、約500人が影響を受けたという。
 同社はジャンボタクシー6台で三宮方面に向かう乗客を代替輸送したそうだ。
 同社で原因を調べている。
posted by ひで at 08:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

JR東日本は朝から大騒ぎ!

 本日午前5時40分ごろ、川崎市のJR京浜東北線川崎―鶴見駅間を通過する電車の自動列車制御装置(ATC)が赤信号を受信したまま、切り替わらなくなった。
 JR東日本は復旧作業のため、同線蒲田駅から根岸線大船までの上下線(約36キロ)の区間で、同9時50分ごろまで約4時間にわたって運転を見合わせた。
 121本が運休するなどし、約14万5000人に影響がでたそうだ。
 さらに朝のラッシュと重なり、神奈川県内を中心に各駅は激しく混雑したそうである。
 JRは、京浜急行・小田急線などで振り替え輸送を実施した。
 さらに折り返し運転となった京浜東北線蒲田―大宮駅間の電車の本数も大幅に減ったという。
 JR東日本の調べによると、川崎駅構内の制御室に収納してある信号機器の一部が故障し、ATCの信号電流が正しく流れない状態になっていたという。
 運転再開に手間取ったことについてJR東日本は「故障個所の特定や、部品を交換するかどうかの確認に時間がかかった。多くのお客様にご迷惑をかけたことをおわびする」としている。
 JR東日本では4月24日、東京都内で線路が隆起して山手・埼京線が5時間以上止まり、約32万人が影響を受けるトラブルがあったばかりである・・・。

posted by ひで at 12:31| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。